平田 輝 | ライブアルバム「ライブベスト2018」2018年12月8日発売

平田 輝 | ライブアルバム「ライブベスト2018」2018年12月8日発売


JACKET





YouTube

ライブベストダイジェスト

DISCOGRAPHY

CONCEPT

「デビュー25周年記念!平田輝 初のライブアルバム」
新春ワンマンライブから選りすぐりの14曲!ライヴ映像など特典付!売り切れ御免の限定盤!

2018年1月14日 渋谷マウントレーニアホール PLEASURE PLEASUREにて行われた平田輝 新春ワンマンライブは2年間で作り上げたバンドの集大成!その中から選りすぐりの14曲!それだけじゃない!スマホやパソコンから観れる映像などの特典もついてくる!!

セルフライナーノーツから

「きっとバンドメンバーは自分の微妙なミスタッチなど、ほんとは聴かせたくないところもあったと思うけれど、一同に快諾!ライブならではの臨場感やバンドらしいノリを聴きどころとしてもらえると嬉しい。ご来場いただいたみなさんがあの時の興奮を思い起こし「明日も頑張ろう!」と、そして、ご来場出来なかったみなさんが、会場にいた気持ちになり「次はライブ会場で観たい!」と思ってくれたら僕にとって最高の喜び」(平田輝)

2年間で作り上げたバンドの集大成!
ギターいけぽんこと池田和也、キーボードいくおちゃんこと服部伊久夫、ドラムス常さんこと鈴木常弘、ベースやまけんこと山口健一郎、パーカッションは守護神スティーヴ・エトウ、そして、スペシャルゲストとしてゴダイゴのギターリスト浅野孝已さん!と2年がかりで作り上げたサウンドはノリにのり、、平田輝の絶好調だったと語るほど伸びに伸びるボーカル!必聴!

TRACKS

1.走るために生まれてきた
2.ガレージソング
3.絹の道標
4.男達のバラード
5.あぁ神様
6.夢の夢のその夢
7.青空
8.奄美の風〜アマミウイアーザワールド〜
9.ハルカナ
10.ラッシュ・アワーの中へ
11.さらば友よ
12.時代遅れの夢追い人よ
13.プロペラ
14.今夜、ビートルズが街をうめつくして

1.走るために生まれてきた

2018年年明けだったため、疾走感のある曲から始めたかった。なので、ほんとはライブの1曲目「アイスベキセカイ」からCDに入れたかったけど、CDの時間の都合でいれられなかったため「ネリヤの森〜アイスベキセカイ」は購入特典としてダウンロードできる。ダウンロードすると、この「走るためにうまれてきた」につながっていることがわかり、お客さんの盛り上がりもかんじてもらえるはず。ライブ盤はスタジオ盤よりテンポも速くこの曲の疾走感がより出たと思う。
CD「親愛なる者たちへ」から


2.ガレージソング

最初のドラムの入りでMCをしているが、テンポよくつなげたかったので削除した。おかげで、勢いのある感じが出た気がします。いけぽんのギターソロがミスタッチをしており、あとでわかったのだけどなんと池田和也、肉離れをおこしていたらしい。どうかお許しを!
CD「ガレージソングス」から

3.絹の道標

リクエストが多いためライブでは人気曲で外せない曲。本番ではキーボードは入っていないため、CDで聴くと音のまとまりがなかったので、実はあとで、こそっと僕が入れたのです(苦笑) CD「親愛なる者たちへ」から  

4.男達のバラード

同じくリクエストが多いけれど、最近は外すことが多くなったので、今回は久しぶりにライブでやったらいい感じになった。この曲も本番ではキーボードは入っていないため、こちらもあとで、こそっと僕が入れたのです(苦笑)
CD「親愛なる者たちへ」から  

5.あぁ神様

同じくリクエストが多い曲。いけぽんのアコギがめっちゃいいんだけど、肉離れをおこしていたことで、実はいくつかミスタッチがあった。でも、なんとか編集で修復できて良かった!ベースのヤマケンソロがスタジオ盤と違っていけてます!
CD「親愛なる者たちへ」から  

6.夢の夢のその夢

この曲、大学時代のバンド「ワインディングロード」の解散ライブでやった曲。30年近くぶりにライブで演奏しました。実は、当時、ドラムが入りを間違ってしまい、バンドはリハーサルと違ったアドリブ的になったのだけど、これが名演となりました。当時のキーボードもいくおちゃんが弾いていて、当時を再現できて嬉しかったなあ。
CD「Hand-mades」から  

7.青空

これもリクエストが多い曲。スタジオ盤は、バイオリンがソロを弾いているけれど、今回のライブ盤は、いけぽんのギターソロバージョンをたっぷりと味わってほしい!
CDシングル「メビウスの指輪∞青空」から  

8.奄美の風〜AMAMI WE ARE THE WORLD〜

昨年2017年11月に奄美イベント「ティダネシアミューフェス」で、マイケルジャクソンの作った「ウイアーザワールド」のように奄美のアーティストみんなで歌い、みんなでCD化しようとまで考えたのだけど事情でキャンセル。

でも今年2018年8月に品川プリンスホールで開催された「スーパーアマミフェス」のテーマソングとなり、2018年2月から奄美あまくまツアーで奄美のあちこちで歌うと大合唱!奄美の居酒屋「木の花」のりさちゃんが振付まで作ってくれて報われた曲。というか今後、奄美で定番化しそうな気がする!

何よりライブ盤としてふさわしいのでは?と思い、初CD化!  

9.ハルカナ

これもリクエストが多い曲。奄美ではいまや定番になりそう。こちらも本番ではキーボードは入っていないためあとで編集でつけたしましたが、ライブバージョンらしく最後の盛り上がりまでダイナミックに仕上がていると思います!
CD「ガレージソングス」から  

10.ラッシュ・アワーの中へ

CD「リメイクスBEST」で、新たにアレンジをしてレコーディングしましたが、今回、キーボードのいくおちゃんも、大学時代のバンド「ワインディングロード」のメンバーだったため、どうせならと、当時のアレンジを再現!かなりの名演になったと自画自賛(笑)

ちなみに、JASRACで調べると作詞作曲が「水色あまみ」となっていますが、大学時代の僕の変名なのです(苦笑)
CD「リメイクスBEST」から  

11.さらば友よ

これもリクエストが多い曲。この曲からスペシャルゲストとしてゴダイゴのギターリスト浅野孝已さんが参加。全体のサウンドがさらに引き締まったと思います。

特に後半の浅野さんのギターソロが聴かせどころ!泣きどころ!
CD「親愛なる者たちへ」から  

12.時代遅れの夢追い人よ

最近のバンドライブではバンドメンバーのソロもあり盛り上がりに必須な曲。ただし、各ソロは見せるソロという感じだったのでCDとして音だけ聴かせるのはメンバーには酷ということで、ドラムの常さんとギターのいけぽん以外のソロをあえてカット。

とはいえ、映像特典では、全員のソロをご覧いただけますぞ!
CD「ガレージソングス」から  

13.プロペラ

バンドライブでは盛り上がりにかかせない定番曲!ある意味、めちゃめちゃなところもあるけど、それも含めて「これがライブだ!」「これがバンドだ!」とスタジオ盤では出せなかった勢いを感じてもらえるはず!
CD「第二章〜敗者復活戦〜」から  

14.今夜ビートルズが街をうめつくして

言わずとしれた僕のメジャーデビュー曲。デビュー25周年記念なので、ライブでは浅野さんの入った後半の1曲目でしたが、この曲をあえてアンコールとして位置づけCDのラストに持ってきました。

通常のバージョンとは違って浅野さんのギターソロを最後に加えた今回のみのスペシャルバージョンです。どうかご堪能ください!
CD「リメイクスBEST」から

以上、臨場感あふれる全14曲!!
のはずですが、お買い上げくださったみなさんには、もれなくオープニングとなった「ネリアの森〜アイスベキセカイ」がダウンロードできちゃったり、スマホやPCでライブ映像も楽しめちゃったりします!
是非ともお得感満載のライブ盤!臨場感と興奮を楽しんでいただけることを願っています!

CD「ライブベスト2018」のご購入はこちらからどうぞ!