ホームへ
 【ほこら舎通信バックナンバー 】

top_cyan
※メルマガ登録、解除&バックナンバーリストはこちら
ほこら舎通信045 桜は散ってもネリヤ☆カナヤ!(2009年4月19日発信)

―――――【HEAD LINE】――――――――
1.ネリヤ☆カナヤ情報
2.平田輝バンド情報<東京>
3.♪ゆんきゃぶらせて!VOL.18(平田明)
―――――――――――――――――――
ほこら舎ミュージック♪平田アキラです!
春ですねえ!先日、奄美の友人でもある中野の呑み処ほこらしゃの花見に参加しました。天気も良く徐々に人が増え最終的には80名以上(笑)実は11時30分過ぎから気がついたらなんと17時半!6時間近く飲んでしゃべって唄って楽しかったんですねえ。おかげで次の日。疲れて会社休みましたよ、まったく(笑)
ま、100年の一度の不況とはいえ楽しみはあるもんです。みなさん、人生、楽しく生きることを考えましょ!さて、そんな幸せになる情報を(笑)
━━━━━━━━━━━
♪ネリヤ☆カナヤ情報
━━━━━━━━━━━
♪4月23日(木)新橋「何やってるBAR」
ライブチャージ\1,000
(別で食事やドリンクを頼んでくださいませ)
1)19時30分〜
2)20時30分〜
約40分の2ステージ(※入れ替え制ではありません)
※30名しか入れませんので、以下お店へ予約をお願いします!
お店のお問合せ:電話 03-3459-5570(16時〜)
住所:〒105-0004 港区新橋3-18-7 桃山ビルB1
地図は以下よりどうぞ。
http://www.tenq-group.com/nani-yatteru-bar/nani-map.htm
【見どころ】
半年ぶりにこのお店でネリカナライブです。この「何やってるBAR」は食事もおいしいんです!リーズナブルなお店なのでぜひ飲んで食べて「ネリヤYeah!カナヤYeah!」と盛り上がりましょ!

♪YouTubeに「びわの木のうた」公開!
http://www.youtube.com/watch?v=iRyeBh93OIA
ネリカナの最新アルバム「HALKANA」は評判も上々で嬉しいのですが、中でも、この「びわの木のうた」が少しづつ人気が高まっています。ぼくのパーソナルな唄であり、母のために作った唄なので、CDにするかも躊躇していたのですが、嬉しいです。是非ともご覧くださいまし!

━━━━━━━
♪平田明情報
━━━━━━━
♪ワンマンライブ大入りで大感謝!
3月6日の復活ワンマンライブはおかげさまで大盛況。次回は秋に予定していますので、みなさん、次回もどうぞよろしくお願します。近々YouTubeにライブの模様をアップしたいと思います。乞うご期待です!

♪9年かかって完売!
未発表音源を含む東芝EMI時代の作品を中心に限定で作ったCD「premiums」が完売しました!本当に欲しい方だけに、という気持ちで無理強いせずに売ったからでしょうか、たった500枚をなんと9年もかかっちゃいました。それぐらいにCDを売ることが大変ことも痛感しました。
今後、東芝時代のアルバム「今夜ビートルズが街をうめつくして」は、iTune Storeなどでダウンロード購入できるようなので是非!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ゆんきゃぶらせて!VOL.18(平田明)
「人生に敗者復活戦はあるのか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
何度も書いているけれど、昨年ぐらいからようやく長く暗いトンネルを抜け出た感じがしている。

その長く暗いトンネルに入るきっかけは、40になる2004年の結婚を期に、生活を安定させようと音楽はそこそこに高収入のサラリーマンになる決意をしたのだけれど、自分がないから振り回され、朝も夜もなくメールや携帯電話に追い回され、これまでにないぐらいに疲弊しストレスと戦い、ろくなことはなかった。おかげで、ぎっくり腰になり動けなくなり今では腰痛が持病になってしまった。

2年で仕事を3回変わって、周りからは「辞められる奴はいいよな」と皮肉も言われたけれど、腰痛で身体がついていかないから、辞めるしか選択はなかっただけだ。しかし、そこで立ち止まって考えた時に、自分の立ち位置が良〜くわかった。

というか、こんなことがないと身に染みない自分も情けないけれど、思ったことは2つ。
「好きな道を行くべし」
「人生は金じゃない」
ここからはじき出された答えは「人生は夢を追いかけるに値するもの」。そして、ぼくの立ち位置はやはり「音楽」だと思い知らされた。

今は、身体を酷使せぬよう派遣で決まった時間で働き、収入は激減したが、音楽ができる自分の心は穏やかだし、お金を多くもらってた時よりも何倍も楽しく幸せだ。もちろんパートナーの理解があってこそ(かあちゃん、ありがとう(笑))。

二束のワラジ状態ではあるけれど、おかげさまで、奄美の音楽や舞台の音楽など、自分の中にいくつかの流れができてきている。欲も持たず、無理強いせずにこの流れに沿っていけばいいと信じている。そうすれば、また多くの人と出会い、また新しい曲が出来上がる。それがぼくにとっては大切だ。だから一期一会を大事にしたい。

ただ、思うのはこの一期一会の中にも、説教をたれる奴には閉口する。その説教をじっくり聞いてあげたいのだが、多くは上から目線の、ぼくが「売れていない」からこその説教(笑)。

「業界に知り合いがいるが音楽で食っていくのは大変だぞ」「他人をあてにせず君自身がガンバなきゃいかん!」挙句「パソコンやインターネット、YouTubeを活用しろ」など、もう耳にタコ状態。もっとひどいのもあるけど、もういいわね(笑)

いろんな人と会って話がしたい一番の理由は、みんなの生活の中での、個人のいい話や苦労話が聞きたい。ちょっとした愚痴でもいい。つまり、みんなの共感を呼ぶための歌詞づくりになるエピソードを拾い上げたい、という密かな企みがある。だからすいません。説教はもう勘弁。あ、いや、唄になりそうな哲学的な説教なら歓迎しますよ(笑)

いずれにせよ、ぼくにとって今や目標は「続けること」であり、自力でやる以上は「売れること」は続けていく中で「もしかしたら」という可能性であり目標ではない。というか「売れる」というのは「運」とか「何か違う力」とかが働かない限り自分の力ではどうしようもないと思う、というと卑屈に聞こえるだろうか。(でも、なぜそう思うかはいずれ書きたいなあ。)

せめて同世代のみなさんに、少しでも勇気づけられる唄を身をもって伝えていけたら、これ以上の幸せはないし、ぼくの音楽が必要で、歌える場所があればどこへでも行きたい、というのがスタンス。ただ、みなさんからの声援を聞くたびに「いつかみんなのために売れたい」とは思うのですが。

さて、今回のタイトルの回答だが、15年前の93年に東芝EMIからデビューし2年後には首になったけれど、あのデビュー寸前の流れと、今がなんとなく似ていると密かに感じている。15年たってようやくあの時の失敗(これもいずれ)をやり直せるのかもしれない、と僕はまるで人生がロールプレイングゲームのように、失敗をクリアすべくもう一度同じ画面に挑んでるような気がする。

そういう意味で、ぼくは今でもプレイヤーというかチャレンジャーであり、人生にはきっと敗者復活戦があると信じたい。

――――――――――――――――
最後までお読みいただきありがとうございました!
みなさまが今年も「ほこらしゃ」でありますことを!
2009年のテーマは「笑う門には福来る」!
━━━━━━━━
※購読の解除方法
━━━━━━━━
ほこら舎通信の購読の解除を希望される方は、以下のURLにて解除できます。
http://hokorasya.jp/contact.html



top_cyan


★☆AKIRALAND RECORDS in 「ほこら舎」☆★
奄美の魂をもった唄とリズムを心地いい風に吹かれながら
お酒片手にお楽しみください!