ホームへ
 【ほこら舎通信バックナンバー 】

top_cyan
※メルマガ登録、解除&バックナンバーリストはこちら
ほこら舎通信034 東京白金ケセラライブ間近!(2005年9月13日発信)

―――――【HEAD LINE】――――――――
1. ネリヤ★カナヤライブ情報 <東京>
2. 平田明ライブ情報 <東京>
3. ゆんきゃぶらせてVOL.11(平田明)
――――――――――――――――――――
うがみんしょーら。お久しぶりでございます。ほこら舎ひらたです。いかがお過ごしでしょうか?大きな台風襲来で大変な残暑ですが、ぼくなんか去年に引き続き、ちょうど奄美にいて飛行機欠航でラッキーだったりして(笑) みなさん、いろいろありますが負けずに精進しましょね。そうです!何事も「ポジシン」で行きましょう!もうそこに気持ちのいい秋が待っていますぞ!
今回もいろんな情報がありますが、感動話(?)の「 ゆんきゃぶらせて!」もぜひお読みくださいましね(苦笑)
━━━━━━━━━━━━━
♪ネリヤ☆カナヤライブ情報
━━━━━━━━━━━━━
♪9月18日(日)東京白金「ケセラ」
開場:18時30分
1st:19時30分〜 2st:21時〜(入れ替えなし)
チャージ:2625円
出演:山下聖子&松元良作、ネリヤ☆カナヤ
場所:〒150-0013 渋谷区恵比寿3-39-7 山田薬局B1F
連絡先:TEL03-3442-3959
【会場地図】
http://www5f.biglobe.ne.jp/~quesrea/
【見どころ】
ネリカナだけではなく、若手奄美島唄者の山下聖子&松元良作とのコラボ。伝統の島唄と新しい島唄が聴ける丸得な一夜です。また白金ケセラはアジア系のお料理もおいしくてきっと楽しい一夜になるのは間違いまし!一緒に楽しみましょ!
【予約方法】
返信にてお名前と人数(お子さんがいらっしゃる場合は割り振り人数も)を御明記ください)もしくは以下webサイトよりどうぞ。
http://hokorasya.jp/live/index.html
━━━━━━━━━━━
♪平田明ライブ情報
━━━━━━━━━━━
♪10月22日(土)渋谷クロコダイル「かかってこいこのヤロースペシャル祭り」
出演:かかってこいこのヤロースペシャル 平田明、大川宗治 他
チャージ:2500円
開場18:00
1st20:00〜 2st21:30〜(入れ替えなし)
場所:〒150-0001渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
会場連絡先:Tel: 03-3499-5205 Fax: 03-3499-5206
【会場地図】
http://www.music.co.jp/~croco/index2.html
【見どころ】
ぼく平田の大学時代、世界大会に出場して郡山では人気急上昇中にたった1年の活動で解散した伝説のバンドが18年ぶりに復活!東京では武道館で演奏して以来、初ライブなのだ!絶対、面白い!必見です!もちろん、ぼくのソロあり、ゲストありのお祭りだぜ〜!みんなで楽しもう!
【予約方法】
10月よりWEBにて予約開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ゆんきゃぶらせて!  VOL.11(平田明)
「お父さんのビワの木」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それは、父と母がまだ元気で大きな家に住んでいた頃のこと。おみやげにもらった徳之島産のビワが大きくてとてもおいしかったのだそうです。父は「これはいい」とまるごと一個を食べもせずに鉢に植えました。母は「面白いことするね、お父さん」と笑っていたそうですが、父が水をやり大事に育てるうちに本当に芽がでてきたのを見てびっくり。
「ほらお母さん、言った通りだろ?」
そう自慢げに言って父はたいそう喜んだそうです。

それから小さなアパートに移ることになり、しばらくして足を悪くした父は寝たきりになってしまいました。母はアパートの、ベッドで寝ている父から見える窓の下に、少し大きくなったビワの鉢から土に植え直しました。

そして時が立ち、母が顔を輝かせて言いました。
「ほら、お父さん。ビワの木、緑の葉っぱがついて大きくなってるよ。見える?もっと大きくなるはずだよ」
なんと窓から少し見えるほどにビワの木が大きくなっていました。父は首を伸ばしそれを観ると「おお、凄いね」と満面の笑みを浮かべて喜びました。

ビワの木は少しづつ大きく成長し緑の葉をたくさんつけ父がベッドの上を見るとすぐに見えるほどになりました。
「お父さん、凄いよ。ビワの木。窓から見えるぐらいまた大きくなってるよ。きっとそのうち実もなるね。それまでに元気になろうね」
ベッドの父は笑顔でうなずき、二人は生きる望みを託すように何度もビワの木を話題にしたのだそうです。

しかし残念ながら、父はそのビワの実がなるのを見届けることができずに2004年9月24日に逝ってしまいました。

母からこの話を聞いたのは今年2005年に入って4月にわたしが結婚式を挙げるために島に帰った時、そしてその結婚式も無事に終わった後のことでした。

母が話を続けました。
「でもね、今ようやくそのビワの木に黄色い実がなったんだよ」
ぼくはびっくりして
「凄いね!どこ?」
窓を見ると、母を見守るように葉っぱがたくさんついた大きなビワの木があり、窓辺まで見に行くと少しこぶりだけど、たしかに黄色いビワの実がなっていました。
「へえ、嬉しいね。お父さんが観れなかったのは残念だけど、でもお父さんはお母さんのためにプレゼントしてくれたみたいだね」
父が種を植え、母が育てたビワの木。わたしは母の促すままにその実をちぎって台所に行き洗って皮も剥き、ほおばってみました。
「小さいけど甘くておいしいよ。さすがお父さん」
とぼくはうっとうめくと母がびっくり。口からプッと3つの種を吐き出すと母が笑いました。その笑顔に、思わずわたしは頭に閃いた言葉を口に出していました。
「この種を東京に持っていって植えても成長するのかな?」
母がいたずらっぽく言いました。
「そうだね、持っていってごらんよ」

東京に戻ったボクは鉢と土を買い、小さな3つの種を植えました。奥さんと二人でなるべく太陽にあて水をやり土を耕しました。が、なかなか芽が出ずに東京の天気は、空梅雨で雨が少なくくもりがち。夏が始まった頃、珍しく東京には台風も上陸。わたしも土を耕しながらも諦め加減。母にも電話で「ダメかも…」と。

ところが植えてから3ヶ月後の8月5日…
窓からみる鉢に異変が。緑の小さなものがポツっと。「ゴミじゃないよな」と近くに寄って観てみると、思わず笑みがこぼれました。なんと3つのうちの2つが芽を出していたのです。
「あぁ、お父さんからの少し早い誕生日プレゼントだな」
わたしの誕生日はこの月の21日。空を仰いでわたしは感謝しました。

父と母が二人で力をあわせて大きくしたビワの木。その種が2つの芽として受け継がれたのです。父が逝って1年が立とうとしています。大きく大きく育ちますように、一生懸命育てようと思います。

以下の写真がその証拠写真です。
http://hokorasya.jp/fathers_biwa/2005_0805.jpg
(現在は背丈5cmほどになり大きくなり葉もつけています)

――――――――――――――――
最後までお読みいただきありがとうございました!みなさまが「ほこらしゃ」でありますことを!
━━━━━━━━
※購読の解除方法
━━━━━━━━
ほこら舎通信の購読の解除を希望される方は、以下のURLにて解除できます。
http://hokorasya.jp/contact.html


backnumber033 >>

top_cyan


★☆AKIRALAND RECORDS in 「ほこら舎」☆★
奄美の魂をもった唄とリズムを心地いい風に吹かれながら
お酒片手にお楽しみください!